猫にトイレをしつける

MENU

猫にトイレをしつける

国内の猫や海外からも多種多様な猫が輸入され、今では、多くの人がペットに猫を迎えている人が多いようです。
アパートやマンションで、猫を飼うことができない人の場合には、猫カフェなどで猫との時間を楽しんでいる人も年々増加傾向にあります。

 

猫はいぬほど手がかかりませんし、無邪気な仕草や動きは見ているだけで本当に癒しを与えてくれますよね。
愛くるしい目で見つめられるとその日の疲れを癒してくれるでしょう。

 

しかし実際に猫を飼うとなると現実は、そう甘くはありません。
猫は、ただ可愛いだけでは、生活を共にすることはできないからです。

 

自分の猫がすごく可愛いと思うのであれば、一緒に生活するための最低限のルールを教える必要があります。
可愛いだけで甘やかしてばかりいると、猫はやりたい放題の生活を送り、次第に人間はストレスを抱えるようになるでしょう。

 

可愛い猫といつまでも仲良く生活をしたいのであれば、時には叱ったり、怒鳴ったりしてしつけをする必要があります。
イタズラ好きの猫ですが、猫を飼うにあたって最も心配なのは、トイレです。

 

室内犬や猫の場合には、まずトイレを教えなければなりません。
屋外であれば万が一粗相をしても、すぐに片づけを行えば、問題はありませんが、室内の場合にトイレ以外の場所で粗相をしてしまったら、家の中は、人間が生活できるような状況ではなく、毎日ストレスを感じるようになります。

 

猫にトイレを教えるためには、とにかくトレーニングを何度も何度も繰り返す必要があります。
人間の子どもと同じようにトイレのたびに何度もトレーニングをしなければなりません。

 

子猫のうちにしっかりとトイレを教えておくと大人になるまでには、所定の位置でトイレが出来るようになりますので、家中が汚くなることもそのせいでストレスを抱えなくても良くなります。

 

トイレをしつけができない場合には、あっちこっちに好き勝手におしっこをしてしまいますので、衛生が悪く、掃除のたびにイライライさせられてしまうでしょう。

 

特に猫のおしっこは、匂いがきつく、所定の位置ではない場所でしてしまうと、家具やジュータンに匂いがしみつき、衣服にも知らずと匂いがついてしまいます。

 

 

猫を飼っている場合、猫にトイレのトレーニングをしていない場合には、家中がおしっこの匂いで充満してしまいます。
せっかく愛くるしい猫との生活を始めても、おしっこの匂いが部屋中に染み付いてしまうと、友達や彼を自宅に招待できませんし、なにより衛生面に良くありません。

 

猫にトイレを教えなければ、生活をともにすることはとてもむずかしいと思います。
そのため猫をペットとして迎え入れる場合には、必ずトイレを教える必要があります。

 

猫にトイレを教えるために、タイミングがとても重要となります。
なぜなら、猫がおしっこをしたくもないのに、トイレの位置を無理やり教えようとしても、猫には、理解できずに困ってしまうでしょう。

 

猫のトイレを教えたい場合には、しつけをするタイミングに注意をする必要があります。
可愛いい猫との生活をスムーズに始めたい場合には、まずトイレをしっかりと躾けましょう。

 

猫にトイレを教えるタイミングは、ねこがおしっこを従っているまさにその瞬間です。
猫はトイレをする直前に、ある行動を起こします。

 

それは、部屋中のにおいを嗅ぎまわったり、そわそわして行動が落ち着かなくなった場合には、おしっこを従っている合図と言ってもいいでしょう。

 

更に砂を掘っているような仕草をした場合には、猫はトイレを従っている合図になりますので、そのタイミングをしっかりと見極めて、トイレまで連れて行って挙げましょう。

 

それを繰り返し行なっていると猫は自然とトイレの場所がわかるようになります。
何度も何度も繰り返し根気強く実行することで、猫は自分がすべきトイレの位置を徐々に理解してきますので、いつの間にか自分からトイレでおしっこやうんちを行うようになるでしょう。

 

トイレをしつける時のポイントですが、予め準備しておいた猫用のトイレに、一度猫のおしっこの匂いがするティッシュなどをトイレに入れておくと、猫は、その匂いを感じ取り、そこがトイレだと認識するようになります。

 

猫や犬は、同じ場所でトイレをする習慣がありますが、同じにおいがするところを選んでいる傾向にありますので、臭い付けは効果的です。

 

家の中で猫のトイレを設置する場所は、人通りの良い場所や賑やかな場所には、おかず、できるだけ目立たないような場所を選ぶようにしてください。

 

おちついてできるような環境を作ることもまた重要なことなのです。

猫のトイレをどこに置くのか決めたらその場所

時間をかけてせっかく覚えた場所なのに、何度も場所を変更されたら、猫だって頭が混乱してしまうと思います。

 

ですから猫のトイレの置き場所を決めたら、そこから動かさないようにしましょう。
その他にも猫は、小さいうちにトイレをしつけたほうがいいと言われていますので、小さいうちにしっかりとトイレを躾けるようにしましょう。

 

根気強く、トイレを教えているうちに、自分でおしっこがしたくなったら、ちゃんとトイレの場所にいって用を済ませるようになります。

 

キメられた場所にあるトイレで用を済ませると、そのあとは、前足で砂を返し、おしっこや汚物を隠すような仕草をします。
トイレのしつけがしっかりとされている猫は、このように粗相をすることなく、決まった場所でトイレが出来るようになります。

 

ただ日頃しつけのいい猫が、時々決められたトイレとは全く違った場所でおしっこをしてしまうことがあります。
絨毯や畳、お布団の上やソファの裏、キッチンやカーテンといった場所に、過っておしっこをしてしまう時があります。

 

トイレではない場所でおしっこをされると、頭に血がのぼり、思わず大声を張り上げたり、猫を叩いたりする人もいますが、それはしないほうがいいと言われています。

 

それでトイレの粗相が治ればいいのですが、猫は、なぜ怒られているのか理解できないことがあります。
毎日決められた場所でちゃんとおトイレができていたにも関わらず、別の場所におしっこをした場合には、体調が悪かったり、毎日のトイレのしつけにストレスを抱えている可能性もあります。

 

ですからいつもとは違った行動を過ってしてしまう場合があります。
その時に怒鳴りつけたり、叩いたりするとさらに強いストレスを感じてしまうケースがあり、ひどい場合には、おしっこが全く出なくなってしまう事もあります。

 

しつけと称して怒鳴りつけたり、叩いたりしている人もいますが、人間同様に、毎日毎日怒鳴られていると猫もストレスを溜め込んでしまいますので、病気になったり、何をいってもしつけのできないペットになってしまう可能性もあります。

 

 

 

猫をペットとして家庭に迎え入れた時には、ただ可愛がるばかりではなく、しつけをしなければなりません。
悪い時には、ちゃんと悪いことをしたということをしつけなければ一緒に生活することが難しくなります。

 

ただ叱りつけるだけでは猫は理解してくれませんので、なぜトイレ以外の場所でおしっこをしてしまうのかを飼い主は考える必要があります。

 

猫がトイレ以外でおしっこや粗相をする場合で最も多い原因の一つにトイレ自体が汚れている可能性が高くなります。
飼い主が一切トイレの掃除をせず、オシッコやうんちがそのまま残されていると猫は気持よくトイレを利用する事ができません。

 

そのためトイレ以外の場所を探し、室内でオシッコをするようになるのです。
これは猫を責めるわけにはいきませんよね。
人間だって汚いトイレでは安心して用をたすことはできないのは当然です。

 

このような場合には、トイレをしつける前にまず飼い主が注意をする必要があります。
猫を飼うと決めたのであれば、猫の立場になって見るといいでしょう。

 

こまめにトイレを掃除するようなことができない人は、猫を飼う資格は無いということです。
猫は意外ときれい好きで、トイレは常に綺麗にしておかなければなりません。
その他にも猫のトイレのにおいが嫌だからといって、消臭剤をたくさん吹きかける人がいますがこれも猫が室内の至るところにオシッコをしてしまう原因の一つです。

 

オシッコ以外の匂いがすると、もはやトイレだと認識することは難しく、人間よりもはるかに嗅覚が発達している猫にとっては苦痛のなにものでもありません。

 

トイレを使用するどころか近づくことさえ嫌がるようになるかもしれませんね。
トイレのにおいを消すために使用する消臭スプレーは人間のわがままでしかありませんので、かけすぎたり匂いが強烈なものを使用することは避けるようにしましょう。

 

その他にも猫のトイレに使用する砂を、別のペーパーシートを使用しているおたくもあるようですが、猫は本来砂の上でオシッコをしたがるものです。

 

砂かきをしながらオシッコをするのが猫のトイレのスタイルになりますので、砂以外のものを使用しているとトイレを嫌うようになると考えられます。

 

トイレは本来の砂を使用できるように心がけ、万が一砂が準備出来ない場合には、砂かきが出来るように木製の代用砂などを利用し工夫してみるといいでしょう。

猫にトイレをしつけるために色々な方法

猫は、本来のトイレを準備すると自然とその場所でオシッコをするものです。 ただ人間のエゴが優先になりますので、猫が安心して用をたすことが出来る環境にないことが多いのが原因で室内のあっちこっちにオシッコをするようになると言われています。 例えば猫用のトイレの砂のかわりにシートを使用したり、平らなもので砂の代用をしようとしているご家庭もあるようですが、猫はトイレのたびにストレスを感じ、自然とトイレではようを足さなくなるといいます。 猫は、すなかきをするのが本能にありますので、人間のエゴでできたトイレを使用するのが難しいと思います。 快適なトイレではない場所にしつけられると猫がすごくかわいそうでなりませんよね。 猫にトイレをしつけたいのであれば、猫の立場になってみるといいでしょう。 また1匹だけでなく、複数の猫を飼っている方は、特に猫にトイレをしつけるのは困難になると思います。 一つのトイレを複数の猫が使用することで、汚れの頻度も高く、何回も変える必要があります。 また猫の中には、上下関係があり、相性も悪い事もありますので、なかなか満足のトイレを使用できない状況にある猫もいるでしょう。 その場合は、猫の数にあわせてトイレを準備してあげるのもひとつの方法です。 いつでもしたい時に利用できるように快適なトイレ環境を作ってあげるといいでしょう。 複数の猫を飼うということは、その猫の数にあわせてトイレを準備する覚悟をきめなければなりません。 トイレを毎回掃除するのが面倒だからといって1つのトイレだけを設置すると、ストレスを感じた猫は、室内の至るところでおしっこをしますので、結局家中が汚くなってしまいます。 気弱で神経質な猫の場合は、快適にトイレが使用できないことにストレスがたまり、おしっこを我慢しますので、膀胱炎などの病気になることもあると言われています。 猫にトイレをしつけることはとても重要なことなのですが、その前に、猫が快適に利用できるトイレ環境を整備しているのかをしっかりと考えた上で利用するようにしてください。 猫のトイレをしつける際に、もう一つ行いたいのが猫のマーキング行為です。 マーキングの場合、その場所へ近づき、一度匂いを確認します。 その後通常のおしっことは違って、立ったままの状態で、尻尾を軽く震わせた上で少量のおしっこを垂直面にかけます。 生理的なおしっことは違って、一切隠そうとはせず、堂々とその場を去っていくのがマーキングの特徴です。 この行為は、動物の本能がさせているもので、ここは自分の縄張りであるという意思表示の現れになります。 ですから特別目立つような場所にわざとオシッコを吹きかける事があります。 猫のマーキング行為を飼い主が強く怒鳴ったとしても猫にとっては、これは本能のなせる技となりますので、なぜ起こられているのかも当然理解できずその行為自体をやめさせることは本当に難しいのが現状です。 猫のトイレと同時にマーキングのしつけを考える場合、この場所で縄張り意識を持っているという猫の考えを変え、安心して猫が生活できるように工夫をするようにしましょう。 特に新しい家にきたばかりの時には、縄張り主張をおこないマーキング行為がドンドン大きくなります。 猫が違った環境で生きていくためには必要なことではありますが、毎回マーキング行為を許してしまうと家中が汚くなってしまいます。 ですから時々は、一緒に遊んであげたり、かまったりすることで不安を徐々に抑え、マーキングの量も減らず事ができます。 猫にトイレを教えることは本当に重要ではありますが、時々は猫の気持ちになってあげ理解することも猫を飼うための必要条件だといえます。 猫がマーキングをしないことを強くしつけるよりは、とにかくマーキングをしようとするその猫の立場になり、快適な住まいを提供できるように環境を整えるようにしましょう。 なぜ猫がマーキングをしているのか、猫のマーキングとはどうした目的がルのかなどをしっかりと飼い主が理解することで猫に安心感を与える事もできますし、きちんとしたしつけを行うことにもつながると思います。 頭っから怒鳴りつけるようなしつけを行うと、猫にとってそれだけでストレスを感じるようになりますので、生理的なオシッコですらできなくなっていまいます。 猫や動物にとってマーキングとはとても自然なことです。 人間とともに生活をするにあたって、それらの自然な行為を無理に制御することになりますので、とにかく猫の立場になって考えてあげるようなしつけを行なってください。 マーキングをする理由の一つに不安などもありますが、その他にも単なる発情期の問題であったりすることもあります。 その場合には、避妊や去勢手術をすることでマーキングを改善することもできます。 ただ避妊手術や去勢手術をしたからといって100%猫のマーキングがなくなるというわけではありません。 現在のデータからいうと、去勢や避妊後の猫の1割程度で、マーキングが改善されないといった状況にあります。 トイレのしつけとは全く違うマーキングの場合は、精神的な問題が大きくなりますので、とにかく根気強く治療を続けることが必要になるでしょう。 どんなに愛くるしい顔の猫でも家中の至るところにオシッコをしてしまうマーキングは、飼い主やそのご家族にとっても決して良いものではありません。 マーキング行為が治らないなら猫をかわないという決心をする方もいますので、猫を飼う前にそれらの状況を踏まえた上でしっかりと検討することをお勧めします。 人間にかわれている猫だって、やはり自然の本能が宿っています。 自由自在にしつけを守ってくれるとはいえません。 そのワガママさが愛くるしさにつながっている事もありますので、猫の性質やしつけの問題をある程度理解した上で猫を飼うようにするといいでしょう。 猫が皮膚を必要以上になめたり、噛んだりする行為は、通常の毛づくろいとは違い、何らかの皮膚炎やアレルギーを引き起こしている可能性があります。 食べ物が体質に合わなかったり、何かの植物に触れることでアレルギーを引き起こしたりなど、体が痒くなる原因は色々とあります。 猫が同じ部分を必要以上に舐め、その部分が剥げてしまうほど、かんでしまう場合は、アレルギーである事が多いようですから、アレルギー物質を調べるために、病院で検査を受ける必要があります。 何によってアレルギーを引き起こしているのかを飼い主が理解すること、今後注意をすることができるのです。 その他にも毛を必要以上に舐めているような様子は見受けられないものの、毛がなんとなく薄くなっている、禿げている部分が確認されるというケースもあるでしょう。 その場合は、他の猫とのケンカによってできた症状かもしれません。 猫同士のケンカはよくあることなので、自然をケガを治すことはできます。 しかし場合によっては、悪い病気をもらっている可能性も高くなりますので、その場合血液検査や体毛の組織検査をする必要がありますのですぐに病院へつれていき、適切な処置を受けることをオススメします。 その他にも心因性の円形脱毛症というものがありますがこれは猫の精神的な問題から発症する病気です。 この病気にかかると過剰な皮膚の毛づくろい行為が舐める行為が確認されるようになります。 何かしらの恐怖感や不安感に襲われることで、心の安定がみだれてしまうことで発症するといいます。 この場合、猫に強くどなりつけたり、しつけをしようとすると逆効果になりますので、なぜそのような行動を起こしているのか飼い主は、自分の行動をよく考える事が必要です。 猫との遊びを怠っていないか、ストレスを感じるような環境を作ってはいないか、寂しくさせているのでは等など、心当たりはたくさんあると思います。 猫は自分が遊んでいたおもちゃがなくなるとそれだけで不安にやストレスを感じるといいます。 またトイレの位置が移動していたりなど生活習慣のちょっとした変化によって不安感を抱く事もあるようですね。 室内で飼っている猫でも時々自由に外出を許可しているところも多いでしょう。 そのような場合、猫は自分の好きなタイミングで外で遊び、勝手気ままに生活を楽しんでいると思います。 そのようなスタイルを抱えている猫に対し、突然外出を制限したりするとそれだけでストレスになることがあります。 猫は自由にならない事に不快に思ったり、不安やイライラを募らせ、次第に性格に問題が起きるようになります。 中には、自分自身に攻撃的な行動を取るようになる猫もいて、自分の毛を必要以上に引っこ抜いたり、毛繕いをし過ぎて毛が抜け落ちるなどの症状を抱えるようになります。 自由気ままに生活していた猫の行動を急に制限すると思い通りにならいことでストレスが大きくなるのです。 人間の勝手な思いから猫の気持ちを考えずに行った事に対し、必要以上にしつけでなんとかしようとおもうのは大きな間違いです。 ただでさえ、行動を制限されたことにストレスや不安を抱えている猫に対し、さらにしつけで抑えようとするとこの結果病気を引き起こしたり、ストレス障害を抱え、病院へ通うといった結果を招く事があります。 万が一猫の状態がいつもと違った行動を起こした場合には、数日その記録をとっておくようにしましょう。 病院へいった際の参考になることがあります。 毛が抜け始める前後の様子を事細かく記載したメモを医師に渡すだけで正しい診断を左右する事になりますよね。 また猫の行動を記した日記のようなものをつけておくと、猫の行動を詳しく知ることができますし、何に対するストレスなのかいつから体調に変化が起きたのかを飼い主自身もしっかりと管理出来るようになるでしょう。 お宅で飼っている猫の毛は、綺麗な艶をたもっていますか。 もしかすると部分的に毛が抜け落ちていることや必要以上にかきむしっているなんてことはありませんか。 最近猫の行動を制限したり、躾と称して強く猫を怒ったりしていないかゆっくりと考えてみるといいでしょう。

犬・猫用酵素サプリメント プロキュア

ペットの健康に気になりませんか? ペットの病気対策の健康サプリメント

猫にトイレをしつける関連ページ

猫の食事のしつけ
最近では猫の食事も大変凝ったものが多く、まるで人間の食事のように栄養バランスに優れたものも数多く販売されています。 しかしだからといっていつでも上げていいというわけにはいきません
猫のマーキングとしつけ方法
猫を飼っている方は、猫のしつけはちゃんとできていますか。 特に猫を家の中で飼っている方は、トイレをしっかりとしつけなければなりません。 犬に比べて猫のオシッコは特に匂い
猫の抜け毛の問題
猫を飼っている人ならわかると思いますが、ただ見ているだけでも本当に幸せな気持ちにしてくれますよね。 動きまわったり、何かを一緒にじゃれている姿は本当に可愛らしく、ただそこにい
猫の習性としつけとの関係について
猫を飼っているお宅では、必ず経験すると思いますが、猫がティシュペーパーを箱からドンドン出して家中散らかす事があります。 それだけでなく、洗濯ものから靴下や下着、下駄箱からはスリッ
猫のしつけと噛み付きぐせについて
猫が飼い主を噛んだりする場合には、色々な原因があります。猫という本能や習性から縄張りを守るためにかむこともあります。
噛む猫をしつける方法
猫の種類や性格、年齢によっても何に対してストレスと感じているのは全く異なります。 自宅に飼い主以外の人が来るとすごく喜んで歓迎する猫もいるかも知れませんが、すべての猫がそうで
猫の爪とぎのしつけの方法
猫の爪が伸びてきたら、猫は爪とぎ行動をしきり行うようになります。 ただ専用の爪とぎが移動できずに過って他のものにガリガリと行った場合には、その場でしつけるようにしましょう。