猫のしつけと噛み付きぐせについて

MENU

猫のしつけと噛み付きぐせについて

猫を飼っている人で、猫に噛まれた経験があるという方も多いのではないでしょうか。
猫に噛まれたぐらいで大袈裟にするんじゃないという方もいるかも知れませんが、猫に噛まれるとこれが意外と痛いのです。

 

猫の歯は鋭くとがっていますので、じゃれついて噛んでいる場合でもかなりの痛みを感じると思います。
強く噛まれた場合には、出血をすることもありますので、注意をする必要があります。

 

猫にとっては、じゃれているつもりかもしれませんが、特に子猫の場合には、加減を知らないことがありますので、大きな傷になる可能性もあります。

 

猫を飼っているお宅で、赤ちゃんがいる場合にも特に注意をするといいでしょう。
大人の猫はある程度尖った歯が丸みを帯びてきますので、痛みはそれほどなくなるのですが、子猫の場合は、痛いのが当たり前です。

 

ただ必要以上に噛み癖のある猫の場合は、なぜそのような行動を取るのかを先ずは検証してみるといいでしょう。
きちんとしつけをされている猫であれば、ある程度の年齢に達すると噛み癖はなくなります。

 

遊んでいる間にじゃれて噛み付くことはありますが、血が出るほどの痛みではありません。
猫も相手が飼い主であるとしっかりと認識していますので、本気で噛み付くようなことは無いでしょう。

 

ですから遊んでいる時に噛まれた場合には、強くしかるのはよくありません。
特に猫同士は、まるでケンカをしているかのようなじゃれ合いをすることがありますが、これも猫の習性の一つで、ただじゃやれているだけなのです。

 

猫同士はだいじょうぶなのかもしれませんが、人間とじゃれいてる場合は、興奮してくると手加減を忘れて強くひっかいたり、噛んだりすることもありますので、その場合には、注意をしましょう。

 

猫にとっては遊んでいるつもりでも噛まれた人間にとっては、その痛みは冗談では済まされない場合もありますので、いくら可愛いペットだからといっても怒鳴りつける人もいるかもしれませんよね。

 

 

猫が飼い主を噛む場合には、遊びの延長で興奮してしまってついついかんでしまったり、飼い主が猫の頭をなでたりした場合、たまたま猫に対するタイミングが悪いことで思わず噛むこともあります。

 

猫の噛み癖をしつけるのは大変難しと思いますので、ここは飼い主の行動をできるだけ改善することが望ましいでしょう。
猫に噛み付かれた場合の自分の行動を覚えておくと、次から噛まれないように注意をすることができます。

 

子猫の場合は、しょうがないのかもしれませんが、大人になった猫の場合もタイミングが悪く噛まれる事があります。
遊びの延長で噛まれる事がほとんだと思いますが、その他の理由でも猫は飼い主を強くかむ事があると言われています。

 

例えば、性的な興奮状態にある場合には、精神的な不安状態から猫は飼い主を噛む事があります。
飼い主は、なにげに猫の頭をなでたり、抱っこしようとしただけなのに、猫の性的興奮が乱れていることでついつい噛んでしまうことがあります。

 

猫のこのような行動は、今はそっとして欲しいと言った訴えですから、そっとしてあげるようにしましょう。
できるだけ猫の気持ちになって考えてあげると噛まれるといった危険を避ける事もできますし、それによって猫のストレスを軽減できると考えられます。

 

しつけというのはただ単に怒鳴ればいいというわけではありません。
猫がどのような気持ちでいるのか、今はどうして欲しいのかをちゃんと考えて上げるとしつけもスムーズに運ぶ事ができます。

 

間違ったしつけをすると互いにストレスを感じ、居心地が悪くなるばかりですから、猫が今はどうして欲しいのかを飼い主がちゃんと判断することが重要なのです。

 

猫の行動をよく観察していると今は何をしてほしいのか、遊んで欲しいのか、ほっといて欲しいのかを見極める事が出来るようになります。

 

人間も一緒で、相手の行動をよく観察すると気持ちを理解出来るようになりますよね。
今は甘えたいのか、ご飯が欲しいのかなどなど、猫の気持ちがわかるようになるでしょう。

 

猫の様子を毎日観察していたり、長く一緒に生活

 

 

例えば、猫が目を細めたり、耳を立てたり、撫でるとすぐに喉の奥をごろごろと鳴らすような動作をした場合には、猫がリラックス状態にあります。

 

その他にも猫は小さな子供を嫌う傾向にあります。
なぜなら子供は無邪気に猫を追いかけまわしたり乱暴に扱う事がありますが、猫は無理やり抱っこされたり、乱暴に扱われることをすごく嫌い、ストレスを感じてしまった結果、思わず子どもの指を噛んでしまう事もあるでしょう。

 

そのような場合には、飼い主が猫の様子を瞬時に察知することで、子どもを猫のイライラなどの攻撃から守る事ができますし、子どもに注意を呼びかける事もできます。

 

また猫は、撫でて欲しい時などには、尻尾をまっすぐにあてて、ゆっくりと近づいたりします。
そんな時な頭を優しく撫でてあげるといいでしょう。

 

猫の仕草をよく観察すると猫の気持ちを理解出来るようになりますし、一緒に生活をする上で、しつけもしやすくなります。
猫が何かしらの拍子に噛んだりする場合は、遊びの延長上にある場合とだんだんどイタズラの度合いが過ぎることでイライラしている場合もあります。

 

猫が頻繁に噛むようになると病気やケガの影響で体のどこかに痛みがある場合もありますので、健康管理にも注意をするといいでしょう。

 

猫があまりにも噛む場合には、自分を守ろうとする本能で行動していますので、無理にしつけをしようとしても全く意味がありません。

 

ペットショップからではなく、別の環境にいた猫をペットとして飼う場合にも同様に猫は不安な気持ちから飼い主を噛んでしまうでしょう。

 

こんな場合にも無理やり怒鳴りつけたり、しつけをするのは逆効果です。
人間同様これまでとは違う環境に慣れるまで時間がかかってしまいます。

 

猫も不安でいっぱいになっていますので、優しく時間をかけて慣れるように飼い主も工夫をしなければなりません。
猫は必要以上になでられたり、抱っこされることを嫌う傾向にあり、放って欲しい場合もあります。

 

タイミングをみて優しく撫でてあげたり、抱っこしたり、自由にさせたりと色々と状況に応じて対応する必要があるのです。

 

 

 

 

猫がかむことをやめさせたいために飼い主は、怒鳴りつけようとしますが、この場合、しつけをしようとしても全く意味がありません。

 

本当は、猫同士で噛み合うことでどのくらい痛いのかを自然と学ぶ必要があります。
兄弟の多い環境で育った猫は、兄弟でじゃれあいながら自然と色々な事を習得することもできるのですが、生まれてすぐ人間に引き取られたりした場合には、人間がその痛みや癖などを直さなければいけません。

 

しかしそれは非常に難しく、間違ったしつけをすることで逆に噛み癖がついてしまうケースもあります。
子猫の三ヶ月間という短い期間で、色々な事を勉強するのですが、その時期を超えてしまうとなかなか難しいと言われているのです。

 

猫の噛み癖を治そうと、猫用のおもちゃを使用せずに自分の手でじゃれて遊んでいる人もいますが、これでは噛み癖をひどくさせてしまう事になります。

 

飼い主の手をおもちゃだと思って、噛み付くことに慣れてしまえば、いつでもそれはおもちゃだと勘違いし、噛んでも良いものだと判断するのです。

 

ですから人間の手が動くたびにおもちゃだと認識した猫は、噛んで遊ぼうという行動に出ることがあります。
猫は遊びのつもりで噛んだのに、飼い主に叩かれたり、怒鳴られたりすることで全く意味が理解できずストレスを感じるようになるでしょう。

 

これでは猫がすごくかわいそうですから、猫用のおもちゃで遊ぶようにしましょう。
猫には、おもちゃはおもちゃ、人間の手は噛んではいけないものとちゃんと教える必要があります。

 

現在手でじゃれているという方は、今すぐ猫用のおもちゃを準備しておくといいでしょう。

犬・猫用酵素サプリメント プロキュア

ペットの健康に気になりませんか? ペットの病気対策の健康サプリメント

猫のしつけと噛み付きぐせについて関連ページ

猫の食事のしつけ
最近では猫の食事も大変凝ったものが多く、まるで人間の食事のように栄養バランスに優れたものも数多く販売されています。 しかしだからといっていつでも上げていいというわけにはいきません
猫にトイレをしつける
国内の猫や海外からも多種多様な猫が輸入され、今では、多くの人がペットに猫を迎えている人が多いようです。 アパートやマンションで、猫を飼うことができない人の場合には、猫カフェな
猫のマーキングとしつけ方法
猫を飼っている方は、猫のしつけはちゃんとできていますか。 特に猫を家の中で飼っている方は、トイレをしっかりとしつけなければなりません。 犬に比べて猫のオシッコは特に匂い
猫の抜け毛の問題
猫を飼っている人ならわかると思いますが、ただ見ているだけでも本当に幸せな気持ちにしてくれますよね。 動きまわったり、何かを一緒にじゃれている姿は本当に可愛らしく、ただそこにい
猫の習性としつけとの関係について
猫を飼っているお宅では、必ず経験すると思いますが、猫がティシュペーパーを箱からドンドン出して家中散らかす事があります。 それだけでなく、洗濯ものから靴下や下着、下駄箱からはスリッ
噛む猫をしつける方法
猫の種類や性格、年齢によっても何に対してストレスと感じているのは全く異なります。 自宅に飼い主以外の人が来るとすごく喜んで歓迎する猫もいるかも知れませんが、すべての猫がそうで
猫の爪とぎのしつけの方法
猫の爪が伸びてきたら、猫は爪とぎ行動をしきり行うようになります。 ただ専用の爪とぎが移動できずに過って他のものにガリガリと行った場合には、その場でしつけるようにしましょう。