噛む猫をしつける方法

MENU

噛む猫をしつける方法

犬を飼っている人の中には、飼い犬に手を噛まれたというケースもありますが、これは犬に限らず猫も同様に飼い主の手を噛む事があります。

 

猫の場合は特に、人間の手を遊びのつもりでじゃれいたのに、次第にその遊びがエスカレートしてついつい興奮して手を噛んでしまう事があります。

 

猫にとっては、悪気があったわけではありませんので、その場合に強く怒鳴ってしつけをすることは逆効果のしつけだと言われていますので、注意をしましょう。

 

その他にも猫にしつけをするために、体を強く叩いたりと体罰を加える人もいるようですが、これはしつけとは全く違います。
人間は自分の手を噛んで、痛い思いをさせたのだから猫にも同じように痛みを感じてもらおうと強く叩くことがしつけだと勘違いしている飼い主も多いようです。

 

これは全く間違ったしつけであって、体罰は猫にとっては暴力以外のなにものでもないと言えます。
暴力を振るわれた猫は、人間から何かしらの攻撃をうけたと捉えますので、その後飼い主に不信感を抱くようになるでしょう。

 

猫はその後自己防衛本能が働き、飼い主が頭を撫でようとしたり、抱っこしようとすると、また暴力を振るわれるのではないかという恐怖に襲われてしまいますので、すぐに噛んでしまうようになります。

 

愛くるしい猫が急に噛むようになるのは、飼い主に大きな責任があると言えます。
小さな猫から人間をみると、巨大で、本当に怖い生き物でしかありません。

 

信頼を寄せて一緒に生活しているにも関わらず、大きな体で体罰を受けてしまうと恐怖でしか感じなくなるでしょう。
猫のきもちになって考えると猫が飼い主を噛むというのは、自然なことなのかもしれません。

 

猫が万が一手を噛んだりした場合には、その場でダメと強い口調でしつけると良いでしょう。
何かを投げつけたり、体を叩いたりするのは、絶対によくありません。

 

また猫に長い言葉で話すと意味が理解できませんので短い言葉と毎回同じ口調と言葉で叱りつけるようにしてください。

 

 

 

猫に怒鳴ってしつけをする場合には、優しく声をかけるのはよくありません。
怒るときには、短く強い口調でダメ、褒めてあげる時は、ワントーン高い声で優しくゆっくりと声をかけるようにメリハリをつけましょう。

 

猫に悪い事を教える場合には、怒るのではなく、叱るようにするといいでしょう。
万が一しつけをしてもなかなか噛み癖を直さない場合には、噛んだ瞬間遊びを中断してみるといいでしょう。

 

猫は、噛んだら遊ばなくなったと理解するようになりますので、徐々に噛むのをやめるように学習すると思います。
噛むと楽しい遊びができなくなると判断すると、猫は自然と噛み癖を治すようになります。

 

猫にしつけをする場合には、すぐに理解することはできませんので、根気強く、毎回同じよに叱る事を努力してみてください。
遊び以外で猫が噛んだりした場合には、どこかにケガや体調不良を来している可能性があります。

 

痛い部分を触られたくないから自己防衛本能によって飼い主を噛むこともあります。
抱っこをした時にだけ噛み癖が出る場合には体をチェックしてどこかに傷がないかを確認するといいでしょう。

 

年老いた猫の場合には、人間同様に骨がもろくなって、抱っこしただけで全身に痛みを感じる事もあります。
その場合も痛いのを防御しようという本能から人間の手を噛んでしまうケースがあります。

 

抱っこをするたびに噛み癖が出るときには、猫の気持ちを理解し、優しく抱きかかえるもしくは抱っこの方法を変えるなどの工夫を取るようにしてください。

 

猫に限らず動物は人間に対して言葉を発する事はできません。
そのためアクションを起こして色々な情報を伝えようとします。

 

噛んでしまうのもそのひとつとなりますので、常に猫の立場になってどうしたら快適に過ごせるのかを考えてみるといいでしょう。

 

 

抱っこしたりするだけで飼い主の手を噛んでしまう場合、体のどこかに痛みや怪我を発症している事があります。
その場合には、優しく体の検査を行なってください。

 

触れられることですぐに逃げ出したり、噛んだりする行動が確認された場合には、その痛みの原因となる部分を詳しく確認し、病気やケガに侵されていないかチェックするといいでしょう。

 

猫は不安や環境になれないとストレスから攻撃的な猫に変身することがあります。
愛くるしい猫が急に怖い印象の人になった場合には、特に注意をしましょう。

 

猫は、体制を低く、耳を後ろに引っ張った渋滞にある場合には、何かに警戒をし、攻撃態勢にある場合があります。
野良猫として野外での生活が長い猫の場合は、自己防衛反応で常に公的的な体制を摂っている場合があります。

 

母親猫の場合は、我が子を守らなければいけないという母性本能から特に人間に対して攻撃的になっている事があるでしょう。
猫も人間と同じように自分の子どもを何者からでも守るといった強い意思が働きますので、子育て中の猫には、地価使い方が賢明です。

 

猫のしつけと称して、抱っこや撫でる、一緒に遊ぶ事はよくしますが、突然どなったり、猫にしつけをしたりといった方法を採用
しているとして、突然怒鳴ったり、叩いたりする方も多いようですが、これはしつけとは違います。

 

猫は勝手気ままなタイプの種類が豊富です。
それ猫の魅力でもありますが、噛み癖はある程度治す必要があります。

 

 

 

噛み付きグセのある猫に対するしつけの方法を間違っている飼い主

強く行動を制限するのではなく、この場合は、猫が嫌がるサインを見逃さずにしつけをするようにしましょう。

 

猫に限らず動物は、人間と話をすることができません。
そのため一生懸命行動で示そうとします。

 

猫の行動を飼い主が見逃さずにしっかりとサインを受け取らなければなりません。
そうすることで、猫が嫌がるような事をせずすみますし、必要以上にストレスを与える事もありません。

 

ストレスを軽減できると自然と噛み癖を治す事もできるでしょう。
例えば、猫の仕草の中で、尻尾を左右に震わせる行為があります。
その動きはまるで人間の貧乏ゆすりのようなものにも似ていますが、これは猫が嫌がっているサインですので、すぐに解放してあげるようにしましょう。

 

無理に抱き上げたり、行動を制限するような事をするとまた猫に噛まれてしまうでしょう。
必要以上に構わずに猫の好きなようにさせてあげるのも噛まれない方法の一つです。

 

飼い主以外の人に対するストレスを感じてしまうことで、他の人に噛んだりすることもあります。
突然猫が噛んだりするのは、これまでに抱えていたストレスを人間にぶつけているという現れですから、猫が何に対してストレスを感じているのかを観察してみるといいでしょう。

 

家の中で猫を飼っている場合、外を歩く猫の姿が見えたらその瞬間猫は恐怖に怯えたり、縄張り意識から興奮状態になり、ストレスを感じる事があります。

 

そのタイミングで、猫の頭をなでたり、体を抱き上げたりするとタイミングが悪く噛んでしまう事もあります。
猫が今どのような状況であるのかを判断することも飼い主の正しい行動となります。

 

猫の行動や心理状態を読むことができるようになれば、今猫がして欲しいこと、してほしくない事がわかるようになります。
そうすると猫は必要以上にストレスを感じる事もなく、飼い主やその他の人を無闇矢鱈にかまなくなるでしょう。

 

野良猫が自宅に何度も入り込んでしまう状況を作ると家の中にいる猫はただそれだけで不安な状態になりますので、できるだけそのような環境を作らないようにしてあげるといいでしょう。

 

その他にも猫同士のケンカに巻き込まれる事もあります。
特に去勢をしていないオス猫は縄張りを意識するあまり、殺気立っている事がよくあります。

 

別のオス猫が現れるとすぐにケンカになりますので、その場合に近くにいたらとばっちりを食らうこともあるかもしれませんね。
野良猫の場合は、そのような縄張り争いも習性の一つなので、しつけることは難しいでしょう。
むしろ自然な行為ですからそのままにしておくのが一番いいのです。

 

ただペットして飼っている猫が巻き添えをもらうのはよくありませんので、去勢をしていないような猫が自宅に張り込まないように飼い主が工夫をするといいでしょう。

 

 

 

猫の種類や性格、年齢によっても何に対してストレスと感じているのは全く異なります。
自宅に飼い主以外の人が来るとすごく喜んで歓迎する猫もいるかも知れませんが、すべての猫がそうであるとは限りません。

 

飼い主以外の人の気配を感じると途端に不安になったり、恐怖をあらわにする猫もいますよね。
自己防衛本能が働くことで攻撃的になったり、ストレスから暴れまわったり、毛をむしったりするような猫もいます。

 

その他にも猫を飼っているお宅では、別のペットを新しく迎える場合も多々あるでしょう。
猫にとっては、新しい動物の存在がストレスに感じる事があって、これまでちゃんとできていたトイレができなくなったり、家具やソファーを爪で引っ掻いたりと、飼い主が嫌がるような事をするようになります。

 

猫にとっては飼い主に対する何かしらのアピールになりますので、この場合も強くしつけをしようとするのは大きな間違いなのです。

 

猫が何に対して不安に感じているのか、どうしたら不安やストレスを解消、改善できるのかをしっかりと理解してあげる事こそが正しいしつけにつながると思います。

 

また子猫は何にでも興味をしめし、すぐに噛んでしまうと思いますが、これは仕方の無いことなのかもしれません。
猫は噛むことで色々な物を判断し、成長をしていきますので、自然な事だと言えます。

 

しかし猫の噛み癖を全てゆるし、そのまま成長をさせてしまうと大人になっても人間の手を噛んだりする癖が治らない可能性もあります。

 

小さい時に手を噛まれたり、出血をしても何らしつけをしない場合には、大人になると更に強く噛んでしまう傾向にありますので、ある程度のしつけは必要でしょう。

 

子猫は、なんでも遊びの延長だと思っておもいっきり噛んでしまう事がありますので、人間の手を噛んでしまった場合には、すぐに遊びを中断するなどの対策が必要です。

 

手を噛んでしまったら、もう楽しく遊べなくなると猫自身が徐々に覚えるようになりますので、かまなくなると思います。
ただすぐに覚えられることではありませんので、遊びの中で辛抱強く教えるようにしましょう。

 

しつけとは根気が必要となりますので、急がずゆっくりと教える事も大切です。
子猫と遊ぶ場合、何かをすぐに噛ませるだけでなく、時には室内をおもいっきり走りまわったりする運動もいいですよね。

 

猫は噛むことばかりを覚えてしまいますので、走ってストレスを解消するような運動も必要だといえます。

犬・猫用酵素サプリメント プロキュア

ペットの健康に気になりませんか? ペットの病気対策の健康サプリメント

噛む猫をしつける方法関連ページ

猫の食事のしつけ
最近では猫の食事も大変凝ったものが多く、まるで人間の食事のように栄養バランスに優れたものも数多く販売されています。 しかしだからといっていつでも上げていいというわけにはいきません
猫にトイレをしつける
国内の猫や海外からも多種多様な猫が輸入され、今では、多くの人がペットに猫を迎えている人が多いようです。 アパートやマンションで、猫を飼うことができない人の場合には、猫カフェな
猫のマーキングとしつけ方法
猫を飼っている方は、猫のしつけはちゃんとできていますか。 特に猫を家の中で飼っている方は、トイレをしっかりとしつけなければなりません。 犬に比べて猫のオシッコは特に匂い
猫の抜け毛の問題
猫を飼っている人ならわかると思いますが、ただ見ているだけでも本当に幸せな気持ちにしてくれますよね。 動きまわったり、何かを一緒にじゃれている姿は本当に可愛らしく、ただそこにい
猫の習性としつけとの関係について
猫を飼っているお宅では、必ず経験すると思いますが、猫がティシュペーパーを箱からドンドン出して家中散らかす事があります。 それだけでなく、洗濯ものから靴下や下着、下駄箱からはスリッ
猫のしつけと噛み付きぐせについて
猫が飼い主を噛んだりする場合には、色々な原因があります。猫という本能や習性から縄張りを守るためにかむこともあります。
猫の爪とぎのしつけの方法
猫の爪が伸びてきたら、猫は爪とぎ行動をしきり行うようになります。 ただ専用の爪とぎが移動できずに過って他のものにガリガリと行った場合には、その場でしつけるようにしましょう。