猫の爪とぎのしつけの方法

MENU

猫の爪とぎのしつけの方法

猫や犬などを人間と同じ環境で育てている方は、色々な悩みがあると思います。
特にしつけをするのは根気が必要で、なかなか人間の生活環境に馴染めないと困惑している家庭も多いのではないでしょうか。

 

特に猫のトイレは必ずしつけなければいけない行動ですよね。
トイレがわからない猫は、家中至るところにオシッコをしますので、家が不衛生になると言えます。
真っ先に教えなければならないのが猫のトイレです。

 

室内で猫を飼っている場合は、トイレだけでなく、猫の習性とも言える爪とぎの問題もあります。
猫は家中の家具や柱、ソファーの脚など色々な場所を使って爪を研いだり、噛んだりと破壊行為をしようとしますよね。

 

きっと猫にとっては全てが遊び道具の一つだという思いがあると思います。
また自分の興味があるものに対しては、好奇心をむき出しにし、夢中になって破壊を楽しむようになります。

 

猫のそのような行動は、むしろ無邪気で愛らしい感じもしますので、見ているだけで癒させるのかもしれません。
しかし家中のものをすべて破壊されてしまうと、人間の住環境的に良いとは言い切れません。

 

ですから猫が自由に壊したり引っ掻いてもいいものを事前に準備してあげるのはどうでしょうか。
大切な家具や効果な調度品が壊されるよりは、全く問題ないと思いますので、家のものが破壊される前に先ずは猫が遊んでもいいような環境を作ってあげるようにしましょう。

 

猫は木製のもので、爪が立てられるものを好んだりしますので、ペットショップなどに足を運び何か夢中に慣れるものを探してみるといいでしょう。

 

 

猫を室内で飼っている人のおたくを訪問すると家具やソファー、スピーカーや布団など色々なものが破壊されている事があります。
特に壁やドアの角などはボロボロで、猫の爪あとや噛んだ跡がくっきりと残されている事があります。

 

せっかく高いお金をかけて家のインテリアに力を入れても、猫によって破壊されてしまうとゆっくりと気を落ち着ける場所がなくなりますよね

 

猫にとってはこれらの家具や壁、クッションやソファーの足、カーテンやティッシュボックスなどが遊び道具となっていますので、興味を示したら、行動を止めることは難しいでしょう。

 

特にダンボールなど爪や歯が入りやすいものは、大好きなものですから、仕事に出かける前にティシュボックスやダンボールなどをそのままにしておくと帰宅後大変なことになっているかもしれませんよ。

 

ダメだと強くしつけをすることもできるかもしれませんが、猫にとっては、自分の好きなおもちゃで遊んで何が悪いのかと不安やストレスを感じ、更に破壊行動がひどくなる可能性もあります。

 

人間との生活を上手にできるようになるには、先ず飼い主が色々なものの置き場を注意することも重要なしつけの一つになります
猫が家具や壁に爪を立ててしますのは、猫の習性ですから、爪とぎが自由にできるようなものを準備するようにしましょう。

 

猫は、爪が生え変わると、痒くなったり、違和感を感じてしまうので、しきりに爪とぎ行動が出てくると言われています。
その行動を制限するのは、全くの勘違いですから、しつけで行動を抑えてはいけません。

 

また猫の爪や肉球周辺から分泌物を出し、自分の存在をアピールしているとも言われていますので、縄張り意識の現れてとも言えます。

 

猫の習性で行っている行動ですから、猫の爪とぎ用の木を準備するなど色々な工夫をするといいでしょう。
ペットショップなどでは自宅で猫が自由に爪とぎができるようなグッズも数多く販売されています。

 

大切な家具が壊され、人間がストレスを感じる前に何かしらの対策を取る必要がありますよね。

 

 

 

猫の習性から爪とぎをする行動

ただ家中の家具やカーテン、クッションなどすべてのものが破壊されてしまいますので、できるだけ猫の爪とぎ用のアイテムを準備しなければなりません。

 

ペットショップには、専用の木製の棒などが販売されていますので、これらのアイテムを準備するのもひとつの方法です。
しかし猫の種類によっては、ペットショップに販売されている爪とぎよりも、家の中にあるものにすでに興味を持っているものがあって、専用の爪とぎには、全く関心を示さない猫もいます。

 

猫の性格によって自分の爪にフィットした生地の素材や木の感触が気に行ったものなどがあるかもしれませんので、その場合は、猫がどのようなものが好きなのかをじっくりと観察し、猫が好むような素材を準備するといいでしょう。

 

例えば、家の家具に向かって必要以上に爪とぎ行動がある場合には、同じような素材のものを別に準備して手作りで作ってみるのはどうでしょうか。

 

それができたら、猫が爪を研ぎやすいように立ててみたり、場所を変えたり色々とアレンジを繰り返してみるようにしましょう。
猫の爪に大怪我を与えないように注意をしながら、飼い猫の好むようなものを飼い主が工夫するのもひとつの方法となります。

 

逆に家には、これまでに全くなかった素材の物を準備すると、真新しいものに関心を示す事もあるでしょう。
珍しいものに興味を示し、それを爪とぎや遊び道具として気に行ってくれるかもしれませんね。

 

同じような素材が家にあるもので、爪とぎを準備すると、猫はこの素材のもの全て爪とぎに使用してもいいのかと誤った解釈をすることもあると思いますので、爪とぎ用の素材は特別なものにするといいでしょう。

 

猫は爪とぎをしながら、体をめいいっぱい伸ばしたり、ストレッチをしているような動きもしますので猫の大きさにあわせて長めの棒を準備するのもいいかもしれません。

 

楽しく爪とぎが出来るようになるまでは、根気が必要ですが、猫が他のものに爪とぎをしようとしたら、すかさず専用のアイテムを猫の前に出し、これが爪とぎだよと時間をかけて躾けるようにしてください。

 

決してどなりつけてはいけませんよ。爪とぎのたびに怒鳴られると理解すると、猫は、ストレスから他のものに対する破壊行動がひどくなると考えられます。

 

 

 

猫の爪が伸びてきたら、猫は爪とぎ行動をしきり行うようになります。
ただ専用の爪とぎが移動できずに過って他のものにガリガリと行った場合には、その場でしつけるようにしましょう。

 

しかしいつも専用の爪とぎで爪を研いでいた猫が、急に他の家具にガリガリとするようになったのにはきっと理由があると言えます。

 

猫の爪とぎは、次第にボロボロになってしまい、猫も爪とぎの感触が嫌になってくるでしょう。
心地悪い場合、猫はまた新しい爪とぎをさがしますので、猫の爪とぎの表面がどうなっているのか定期的にチェックするようにしてください。

 

室内で飼っている猫の爪は、フローリングなどを歩いていると爪が伸びるのが早くなります。
ですから定期的に飼い主が爪をカットして上げるような工夫も必要です。

 

爪が長いままだと、猫は不快感を感じ、あらゆる場所で爪とぎ行為を行うようになります。
またあまりにも長い爪は、根本からとれてしまう危険性もありますので、猫の爪を保護する意味でも爪をカットするのも飼い主の役目なのです。

 

しつけと称して何でもかんでもダメだとしつけるようなやり方は間違っています。
猫の行動を制限するのではなく、別のものを与えるなど興味をしめすようなものを提供する方がよほど効果的です。

 

毎回同じようなものばかりで遊んでいると猫も飽きてしまいますので、時々は新しいものを提供し、楽しく遊べるように環境を作ってあげましょう。

 

猫は、電気のコードなどかじったり、爪とぎをしたら危険なものでもお構いなしに触ってしまいます。
これは危ないものだと教えるのはとても難ししつけになりますので、猫をおいて外出する場合には、できるだけ猫がそれらの危険なものに近づかないように注意をするようにしましょう。

 

家具やカーテンなど家にあるものを守る意味で、猫の爪を抜いてしまうような手術を行う飼い主も近年多くなっていると言われていますが、それでは猫がすごく不憫で仕方ありません。

 

爪を抜いてしまうということは、猫本来の習性自体を制御し、行動を抑える事になりますので、猫らしさを全く感じられないでしょう。

 

猫も歩きづらく楽しくないと思います。
お気にい入りの家具やカーテンなどが壊されたくないのであれば、猫に破壊されないように工夫をするか、猫を飼うことをあきらめなければなりません。

 

大切な家具を守りたいのであれば、猫がどうしたら他のものに興味を持ってくれるのかを考えて上げることが猫の飼い主としてふさわしいのではないでしょうか。

 

いろいろなしつけの方法もありますが、猫のきもちになって色々と考えるようにすると自然としつけも出来るようになるでしょう。
体罰は逆効果になりますので、猫が嫌がるような音を利用したり、根気強く行動を検証するなど人間ができることをまずは行った上で猫にしつけをするようにしましょう。

犬・猫用酵素サプリメント プロキュア

ペットの健康に気になりませんか? ペットの病気対策の健康サプリメント

猫の爪とぎのしつけの方法関連ページ

猫の食事のしつけ
最近では猫の食事も大変凝ったものが多く、まるで人間の食事のように栄養バランスに優れたものも数多く販売されています。 しかしだからといっていつでも上げていいというわけにはいきません
猫にトイレをしつける
国内の猫や海外からも多種多様な猫が輸入され、今では、多くの人がペットに猫を迎えている人が多いようです。 アパートやマンションで、猫を飼うことができない人の場合には、猫カフェな
猫のマーキングとしつけ方法
猫を飼っている方は、猫のしつけはちゃんとできていますか。 特に猫を家の中で飼っている方は、トイレをしっかりとしつけなければなりません。 犬に比べて猫のオシッコは特に匂い
猫の抜け毛の問題
猫を飼っている人ならわかると思いますが、ただ見ているだけでも本当に幸せな気持ちにしてくれますよね。 動きまわったり、何かを一緒にじゃれている姿は本当に可愛らしく、ただそこにい
猫の習性としつけとの関係について
猫を飼っているお宅では、必ず経験すると思いますが、猫がティシュペーパーを箱からドンドン出して家中散らかす事があります。 それだけでなく、洗濯ものから靴下や下着、下駄箱からはスリッ
猫のしつけと噛み付きぐせについて
猫が飼い主を噛んだりする場合には、色々な原因があります。猫という本能や習性から縄張りを守るためにかむこともあります。
噛む猫をしつける方法
猫の種類や性格、年齢によっても何に対してストレスと感じているのは全く異なります。 自宅に飼い主以外の人が来るとすごく喜んで歓迎する猫もいるかも知れませんが、すべての猫がそうで