犬のしつけで大切なこと

MENU

犬のしつけで大切なこと

飼い主の心持ちも大切な「犬のしつけ」
ペットとして犬を飼うということは、その犬を家族の一員として出迎え、人間の生活およびそのルールに順応できるよう指導していくという責任を負うことも意味しています。

 

人間の子供をしつけるのも一苦労ですが、犬のしつけは、言葉が通じない相手だけに、思うようにいかないことのほうが多いと思います。
犬のしつけを行う時は、感情をこめて行うことが大切ですが、思うようにいかず、怒りにまかせてしまったり、その時の感情に流されて犬のしつけを行うのは、逆に犬を混乱させてしまい、犬のしつけがさらに上手くいかなくなってしまうという悪循環を生んでしまいます。

 

犬のしつけが上手くいくかいかないかは、犬次第ではなく、飼い主さんの心の持ちようで変わってきます。
最初は上手くいかなくて、当然です。
犬のしつけは一日二日では、できません。
犬のしつけを行うということは、「忍耐強さ」や「根気」が不可欠であり、あきらめずに続けていくことが大切なのです。

 

犬のしつけは、家族の一員である愛犬が、健康で安全に暮らしていくために必要であり、飼い主にとっても飼い犬にとっても大切なことです。
初めは上手くいかなくても、繰り返し、辛抱強く行っていけば、必ず犬も何が良いことで、何が悪いことなのかわかってきます。
結果をすぐに求めるのではなく、おおらかに愛犬を見守るくらいの心持ちで、犬のしつけをしていくのが大切でしょう。

犬・猫用酵素サプリメント プロキュア

ペットの健康に気になりませんか? ペットの病気対策の健康サプリメント

犬のしつけで大切なこと関連ページ

犬のしつけをする前に
犬のしつけをする前に理解しておくべきこと 犬は人間と違い、言葉を介して意思疎通をはかることができません。 当然のことですが、犬と一緒にいると、このことを忘れてしまいがちです。
犬のしつけ方
「褒める」と「叱る」が犬のしつけ方の基本 人間の子供にもしつけが必要なように、犬と共に快適に暮らしていくには、犬のしつけが必要不可欠です。 犬には言葉が通じませんから、何かを伝
犬のしつけでダメなこと
犬のしつけでしてはいけない「ダメ」なこと 犬のしつけの基本は、「褒める」ことと「叱る」ことです。 つまり、その逆である「褒めないしつけ」「叱らないしつけ」は、犬のしつけにはなり
犬のしつけに適した時期
生後3~12週が犬のしつけに適した時期 犬のしつけは、成長した犬になるにつれて難しくなっていきます。 犬も人間と同じように大きくなってしまうと、物事をすんなりと受け入れられなく
犬にトイレをしつける.
犬にトイレをしつけるための秘訣 犬のしつけで困ることのひとつが、「トイレをどのようにしつけるか」というのがあります。 きちんとしつけてあげないと、トイレ以外の場所で排泄してしま
犬のしつけ教室
犬のしつけ教室に関するメリット&デメリット 成人した犬をしつける場合や、犬をしつける時間がなかったり、自分でしつけてみようとしたが上手くいかなかった場合などには、犬のしつけ教室を
犬の無駄吠えをしつける
一番難しい「犬の無駄吠えのしつけ」 犬が吠えるのには、何かしらの理由があるのですが、安易に吠える犬、つまり無駄吠えする犬が多くいるのも事実です。 というのも、犬の無駄吠えをしつ