犬のしつけに適した時期

MENU

犬のしつけに適した時期

生後3~12週が犬のしつけに適した時期
犬のしつけは、成長した犬になるにつれて難しくなっていきます。
犬も人間と同じように大きくなってしまうと、物事をすんなりと受け入れられなくなってしまうからです。

 

一般的に子犬の時期、生まれてから3週間~12週間の時期が、犬のしつけに適していると言われています。
できればこの子犬の時期に、犬のしつけの基本である、良いことと悪いこととの区別や、人間社会のルールをしっかりと教えてあげ、人間の家族の一員として楽しく過ごせるようにしてあげるといいでしょう。

 

また、子犬の時期から飼うことができるのであれば、犬のしつけをしていくのと同時に、家族のなかの役割をきちんと明確にし、飼い主としての自覚を、飼う側にも養うようにしましょう。

 

子犬は、小さな子供と同じように何事にも興味を示し、良し悪しがわからず、何でもしてしまいます。
悪いことをした時は、その場で叱ってあげるのが良い犬のしつけですから、家族みんながそのことを理解し、悪いことをしているのを見たら、必ず誰かが叱るようにする、褒める時は褒める、食事の世話や散歩は交代で行うなど、家族のなかで役割を分担し、面倒になりがちな犬のしつけの負担も分かち合うようにしましょう。

 

そういった意味では、犬を飼う時、特に犬のしつけが必要な時期は、家族全員の協力と努力が必要なので、犬を飼う前に、家族できちんと話し合っておくことが必要不可欠といえるでしょう。

犬・猫用酵素サプリメント プロキュア

ペットの健康に気になりませんか? ペットの病気対策の健康サプリメント

犬のしつけに適した時期関連ページ

犬のしつけをする前に
犬のしつけをする前に理解しておくべきこと 犬は人間と違い、言葉を介して意思疎通をはかることができません。 当然のことですが、犬と一緒にいると、このことを忘れてしまいがちです。
犬のしつけ方
「褒める」と「叱る」が犬のしつけ方の基本 人間の子供にもしつけが必要なように、犬と共に快適に暮らしていくには、犬のしつけが必要不可欠です。 犬には言葉が通じませんから、何かを伝
犬のしつけで大切なこと
飼い主の心持ちも大切な「犬のしつけ」 ペットとして犬を飼うということは、その犬を家族の一員として出迎え、人間の生活およびそのルールに順応できるよう指導していくという責任を負うこと
犬のしつけでダメなこと
犬のしつけでしてはいけない「ダメ」なこと 犬のしつけの基本は、「褒める」ことと「叱る」ことです。 つまり、その逆である「褒めないしつけ」「叱らないしつけ」は、犬のしつけにはなり
犬にトイレをしつける.
犬にトイレをしつけるための秘訣 犬のしつけで困ることのひとつが、「トイレをどのようにしつけるか」というのがあります。 きちんとしつけてあげないと、トイレ以外の場所で排泄してしま
犬のしつけ教室
犬のしつけ教室に関するメリット&デメリット 成人した犬をしつける場合や、犬をしつける時間がなかったり、自分でしつけてみようとしたが上手くいかなかった場合などには、犬のしつけ教室を
犬の無駄吠えをしつける
一番難しい「犬の無駄吠えのしつけ」 犬が吠えるのには、何かしらの理由があるのですが、安易に吠える犬、つまり無駄吠えする犬が多くいるのも事実です。 というのも、犬の無駄吠えをしつ