犬の脱毛を伴う病気

MENU

犬の脱毛を伴う病気

脱毛でわかる犬の病気
脱毛の量でわかる犬の病気はいくつかあります。

 

特にわかりやすい病気が皮膚炎で、ノミやダニなどの寄生虫が原因で引き起こされる皮膚炎やアトピー性皮膚炎などがあります。
また、ハウスダストや花粉などが原因で引き起こされるアレルギー性皮膚炎の場合、かゆみを伴うので、掻いたりこすったりして、その部分に傷がつき、出血や化膿を起こし、脱毛につながります。

 

さらに脱毛の状態がどのように進むかでも、どんな犬の病気にかかっているかわかる場合もあります。

 

脱毛が左右対称に進んでいく場合は、主にホルモンバランスの異常が原因とされる「甲状腺機能低下症」や「副腎皮質機能亢進症」などがあり、かゆみが比較的少ないのも特徴です。

 

一方、脱毛が円形から全体に広がっていくようであれば、「皮膚真菌症」という犬の病気が疑われます。
この犬の病気は人間にも感染することがあるので、飼い犬にどのように接するか、注意する必要があります。

 

季節の変わり目などで毛が抜けることもありますし、ストレスで毛が抜け落ちることもありますが、そこには犬の病気が潜んでいる場合もあります。
毛が多い犬の場合は、毎回のブラッシングのなかで、どのくらいの毛が抜けるのか記憶しておき、ちょっと脱毛の量が多いかな?と感じたり、その他、普段と違う症状があれば、すぐに、かかりつけの獣医さんに相談するのがいいでしょう。

犬・猫用酵素サプリメント プロキュア

ペットの健康に気になりませんか? ペットの病気対策の健康サプリメント

犬の脱毛を伴う病気関連ページ

犬の目の病気
犬がかかりやすい目の病気 犬も人間と同じように目の病気を患うことがあります。 犬の目の病気でかかりやすい代表的なものが、結膜炎、緑内障、白内障などがあります。 結膜炎は、
犬の股関節の病気
大型犬に発症しやすい股関節の病気 愛犬の歩き方がおかしかったり、上手くお座りができなかったりしていませんか? 生後7~9ヶ月くらいの大型犬で、こういった症状がある場合、「股関節
犬の耳の病気
代表的な犬の耳の病気「外耳炎」 犬の耳の病気のなかで最も代表的なのが、「外耳炎」です。 人間でも中耳炎になる人が多いですが、犬の耳も外耳・中耳・内耳にわけられ、その外耳の部分が
犬の心臓の病気
犬もかかる心臓の病気 人間と同じように、犬にも心臓の病気があります。 今まで普通に散歩をしていた犬が、急に運動を嫌がったり、疲れやすくなったり、少し歩くだけでも息切れがした
犬の病気・フィラリア症
一番怖い犬の病気「フィラリア症」 蚊を媒体として感染する犬の病気「フィラリア症(糸状虫症)」。 犬の病気のなかでも、死亡する確率が最も高く、その犬の寿命を半分以上縮めてしまう、
犬の病気・狂犬病
死亡率100%の犬の病気「狂犬病」 犬の病気である「狂犬病」は、人間を含めた全ての哺乳類がかかる可能性があり、感染し発症すると、100%死に至るという大変恐ろしい病です。
犬の病気・風邪
「風邪」で誤魔化せない犬の病気 軽いコホンコホンという咳が続いたり、くしゃみが出て鼻水が出たり、人間の「風邪」にあたるような症状を、犬が見せることもありますが、安易に「風邪かな?
犬の病気と肥満
犬の病気と密接に関係している「肥満」 ついつい可愛い愛犬に、ご褒美を与えすぎたりしていませんか? また、ちょっと疲れたから、今日は犬を散歩に連れて行かないなど、犬の運動不足につ
犬の病気のサイン
気づいてあげよう「犬の病気のサイン」 常日頃から飼い犬の健康状態をチェックするのは、飼い主の責任であり義務でもありますが、散歩に出た時などにも、普段と違う行動をしていないかチェッ